質問

回答あり朝食メニュー(06/11)

キティ さん
朝食献立を研究?興味があって色々考えている高校3年生です。
授業で栄養計算などもやっています。
大学も栄養学科に進もうと考えています。


さて、献立といっても、対象にする人によって重視する栄養素とか変わってきますよね?
たとえば、25歳くらいの男性を対象にして、働き盛り、ストレスが溜まらないようなカルシウムとビタミンDもとれて・・・

みたいな献立を作りたいのですが、どういった食材、または調理例がありますか?
朝ですし、簡単に作れるような、また、手軽に入る食材だったら尚嬉しいです。

よろしくお願いいたします><

回答

こんにちは!
回答が遅くなり申し訳ありません。


朝食献立を考えておられるとのことですね。
朝食は1日の活力をつけたり、頭の回転を速くしたりするには、欠かすことのできない1食です。
そのことについて真剣に考えており、素晴らしいです!


確かに献立を立てる上で、対象者の性別と年齢は重要です。
対象者によってエネルギーや必要な栄養素の量は違ってきますし、
対象者の好みも考慮して献立を作成しなければなりません。
(栄養バランスがよくても好みのものでなければ美味しく食べてもらえないですしね)


25歳の働き盛りの男性を対象にした場合、
キティさんが考えたようにストレスを解消できて元気もりもりになれるような献立がいいですね。


まず、ストレスとは何か??
人の体は強いストレスを受けると自律神経のバランスが崩れ、ホルモン異常・自律神経失調・免疫機能不全が生じて様々な症状が起こります。ストレスを解消するには原因を取り除くことが一番の解決策ですが、なかなか難しいのが実情。

自分なりにストレスを解消させる方法を探すこと、食事を意識してストレスに負けない体づくりをすることが大切です。


ストレスを感じるときに積極的に摂取したいのが、ホルモン合成(おもにアドレナリン)に関わるたんぱく質・ビタミンC、イライラ防止のビタミンB群・ミネラルです。1日3食、色々な食品をバランスよく食べるように心がけ、リラックスして食事を楽しむことが心身両面の回復につながります。


本題の朝食に取り入れたい食材や調理例。
おすすめしたいのがアスパラガス。
アスパラガスにはアミノ酸の一種であるアスパラギン酸が含まれています。
新陳代謝を促すとともに、タンパク質合成を高め、滋養強壮や疲労回復に効果的。
穂先の部分には血管を丈夫にして動脈硬化や高血圧の予防に効果のあるルチンが多く含まれています。
前日などにアスパラを軽く塩茹でしておいて、朝は…
オムレツに混ぜる、食パンに薄くマスタードを塗ってアスパラを並べてチーズをのせてトースターで焼く、耐熱容器にアスパラを並べて軽く塩こしょうしてチーズをのせて焼く、などは如何でしょう。
前日に下処理しておけば朝は楽チンです。


あともうひとつオススメなのがしじみ。
生きた肝臓薬といわれるほど肝機能を修復・活性化する栄養分を含むしじみ。
カルシウムが豊富に含まれているのでストレス抑制、骨や歯の発育が期待できます。
また、肝臓の解毒作用があるタウリン、発育のビタミンB2、造血や肩こりの緩和作用のビタミンB12と鉄分が豊富なので肝機能障害、貧血の予防に効果があります。お酒を飲む機会が多い働き盛りの男性にはオススメです。
しじみでお出汁をとって、これに豆乳や牛乳をいれてポタージュ風はいかがでしょう。
すりおろしにんにくや炒め玉ねぎを入れると風味も増します。
これも前日にお出汁だけとっておけば、朝は豆乳と牛乳をいれて味を調整するだけです。
(面倒であれば前日に作っておいて、朝温めるだけでもOK!)


お答えになっているでしょうか。
わからないことがありましたらお気軽にご質問してください!
http://ameblo.jp/apricotsea0316/

  • この質問はどのくらい役立ちましたか?
  • このコラムを共有する
  • この質問のURLを送る(メーラーが起動します)
  • この質問をブログで紹介する
Error: Table './mealplaza/mt_ratings' is marked as crashed and should be repaired